誰もが唸るフィリピンで味わえる大衆的な絶品グルメの数々

phil01世界各国には地域独特の食があり、古くから人々の生活を支えてきました。東南アジアにあるフィリピンにも国独自の食があり、現地民や観光客っを唸らせてきました。

そんなフィリピンを訪れた際には是非とも味わいたいグルメについて掲載していきます。まずルーガウです。ピリ辛や酸味が効いた料理が多いフィリピンにおいてさっぱりとしたお粥料理です。生姜やニンニク等の薬味が効いた鶏ガラスープでお米を煮込むのです。食欲が無い時に食べたい胃に優しい料理となっており、日本人の口にもピッタリな料理となっています。

次にソータホンです。豚肉やチンゲン菜、キクラゲ等のたっぷりの具材をダシや味噌で煮込んだスープとなっています。白いご飯が欲しくなる優しい味付けとなっている料理です。

次にギナタアン カラバッサです。南瓜と有頭エビをココナッツミルクで煮込んだ料理です。南瓜の黄色の鮮やかさが美しい逸品です。唐辛子も使用されおり、甘辛さがクになってしまう料理です。

次にベジ・パンシーです。野菜をオリーブオイルや塩、ダシ汁で炒め麺を混ぜたシンプルな料理となっていますが、優しい味付けとなっています。フィリピンには辛い料理だけでは無く、優しい味付けをしたグルメも豊富なのです。

世の中には私達が食した事のない料理がまだまだ存在しています。東南アジアの中でも特に暑い国となっているフィリピンにもそんな料理が豊富に揃っています。しかしそんな料理は決して高級な訳ではなく大衆的なでリーズナブルとなっているのです。そんなフィリピンの大衆的なグルメについて掲載していきます。

まずキニラウです。たっぷりの肉や魚介、玉ねぎやパプリカをビネガーに漬け込んだ家庭料理です。地域によって肉や海老、マグロなど具材は異なってきますが生姜の薬味がアクセントとなっているので、暑いフィリピンの環境にピッタリな料理となっています。

次にイニハウ・ナ・イスダです。屋台等で多く観かける事が出来、タガログ語で「イニハウ」は「焼く」、「イスダ」は「魚」を表している焼き魚です。お店によって漬け込む味付けが異なっており、網焼きで焼かれた香ばしい匂いがストリートに漂います。自身の好みに合った味付けを探すのも楽しみとなってきます。

次にクリスピーパタです。豚足を油で揚げた料理です。カリカリになるまで上げており、濃い味付けとなっているのでビールのおつまみには欠かせない逸品です。フィリピンでは嫌いな人は居ない料理となっているのです。