日本人におすすめ!フィリピンで口に合うメニューとは

phil02世界各国にはその国独特の文化や食が存在しています。数ある東南アジアの国の中でも日本陣に馴染みのあるフィリピンにおいても絶品グルメがたくさんあります。そんなフィリピンのグルメについて掲載していきます。

まずレチョンです。豚を1頭丸焼きにした豪快な料理となっています。結婚式やお祝いごとには欠かす事が出来ないフィリピンが誇る御馳走となっています。炭火でじっくりと焼き上げられられているので、外側の皮はパリッ、中からは肉の旨味が凝縮されたジューシーな肉汁が溢れ出てくるのです。特性のソースが良く合い、大勢で囲む賑やかな食卓にピッタリな料理です。

次にシニガンです。たっぷりの野菜や肉が入ったスープとなっています。フィリピンにおいては家庭の味となっている酸味が効いた料理です。白いご飯と共に食べるのが一般的となっています。独特の味や風味となているので、日本人においては好き嫌いが別れる料理かもしれません。

次にカレカレです。日本人にはなじみの無いような味付けとなっている料理です。ナスやインゲン、牛肉をピーナッツソースで煮込んだフィリピンの方にとっては国民食ともなっています。名前からはカレーを連想してしまいますが、シチューの様な料理です。

世界各国にはその国ならではの食文化があり、人々の生活になくてはならいものとなっています。東南アジアの中でも、日本人に馴染みのあるフィリピンにおいても独自の食文化があり絶品グルメとしてお腹も心も満たしてくれています。そんな日本人も大満足出来るフィリピンのグルメについて掲載していきます。

まずトロンです。フィリピンでは屋台フードが多く存在していますが、トロンも屋台フードに欠かせない料理となっています。バナナを春巻きの皮で包み、高温の油でじっくり揚げているので、皮はパリッとしており中からは甘酢っぱいバナナがトロりと溢れ出した堪らないソウルフードとなっています。学校帰りの子供たちのおやつの定番として愛されているスイーツなのです。

次にハロハロです。タガログ語で「混ぜる」を表したフィリピンにおいて定番となっているスイーツです。かき氷の上にはタピオカやナタデココ、たっぷりのフルーツやウベと呼ばれる紫芋のアイスが贅沢に乗っかっています。それらを混ぜ合わせて食べるのです。屋台やレストラン等で良く観かける事が出来るスーツでお店によって具材は異なってきます。自分好みのお店を探すのも一つの楽しみとなってきますね。