日本人が習得したいと思うようなフード一覧

phil04国や地域によって異なる食文化で生活を人々はしております。東南アジアの中でもビジネスの拠点や観光地として多くの人々が訪れるフィリピンにも独自の食文化が根付いています。そんなフィリピンには多くの人を満足させるグルメが豊富にあるのです。フィリピンのグルメについて掲載していきます。

まずタホです。フィリピンを代表するフードの一つともなっています。温かい豆腐の様な物に黒蜜や甘いシロップをたっぷりとかけて食べるスイーツとなっています。
豆腐そっくりとなっているので、日本人の口にも合う逸品です。暑い環境で体力の消耗が激しいフィリピンにおいてはこの甘味が疲れを癒してくれます。

次にクウェック・クウェックです。うずらの卵を油で揚げたローカルフードとなっています。オレンジ色の鮮やかさが美しい料理です。きゅうりとピリ辛ソースで食べるのがポピュラーとなっています。

次にギサドンアンパラヤです。日本のゴーヤチャンプルーに似ている家庭料理です。フィリピンのお店で良く観かけられる料理となっており、味付けもお店によって異なります。ゴーヤのサッパリさがフィリピンの暑さを吹き飛ばしてくれる料理となっています。フィリピンには安くて美味しいローカルフードが豊富にあるのです。

世界各国どの地域にもその土地ならではのグルメが存在しています。地元民は勿論、観光客も大絶賛出来るグルメで溢れています。東南アジアに位置しているフィリピンにおいても私達日本人の口に合うグルメが豊富にあるのです。そんなフィリピンで味わえる日本人も大絶賛なグルメについて掲載していきます。

まずシシグです。細かく切った豚肉を醤油やニンニク、唐辛子等で炒めた家庭料理となっています。この香り豊かな肉を白いご飯に乗せ、生卵とたっぷりのネギを乗せたらもう食欲が止まらない絶品グルメとなっています。日本風の豚丼みたいな感じとなっており、フィリピンの暑さを吹き飛ばせる大衆的なグルメとなっています。

次にティノーラです。鶏肉をベースに玉ねぎやニンニクをたっぷりと使用したあっさり系スープです。生姜が良く効いており、食欲の無い時や二日酔いの時に飲みたい逸品となっています。

次にエスカベッチェです。トマトケチャップを使用した日本でいう魚の甘酢あんかけのような料理です。揚げてある魚に酸味の効いたタレが染み込み、白いご飯のお供にピッタリな料理です。日本人にもなじみのある味付けとなっており、クセが無く美味しく食べる事が出来る逸品です。