安くて美味しい、屋台など飲食店で食べられるフード

phil03世の中には国や地域の数だけ食文化が存在しています。東南アジアの中でも最も日本人に馴染みがあるフィリピンにおいても独自の食文化が存在しています。そんなフィリピンには安くて美味しいグルメがたくさんあります。フィリピンで味わえるグルメを掲載していきます。

まず トルタンタロンです。ナスを切り開いて溶いた卵をたっぷりと付け焼いたピカタの様な家庭料理です。フィリピン独特のソースでバナナが使われたケチャップバナナソースの甘さとのマッチングが堪りません。ソースが甘いので、子供たちはおやつ代わりに食べています。

次にレリエノンバングースです。フィリピンではポピュラーな魚となっているバングースに細かく刻んだ野菜やバングースの身、レーズンんで焼いた家庭料理です。ピリ辛なソースで食べるのが多いフィリピンの料理ですが、こちらの料理はトマトソースで食べるので、辛いのが苦手な方でも美味しく食べる事が出来ます。

次にピナクベットです。パプリカやインゲンが使われたフィリピンの野菜炒めとなっており、味付けには魚やエビの塩辛が使われます。風味豊かな野菜炒めとなっており、白いご飯にピッタリな料理です。クセが無いので日本人の口にも合う、料理となっています。

世の中にはその国々ならではの食文化が存在しています。東南アジアにおいても日本人の観光やビジネス等で馴染みのあるフィリピンにおいても絶品料理が豊富に合揃っているのです。そんなフィリピンの絶品料理について掲載していきます。

まずアドボです。近年、学校給食においても馴染みのある料理となっています。手羽元を酸味の効いたタレで煮込んだフィリピンの家庭料理の定番です。柔らかいお肉と酸味の効いたタレが白いご飯に良く合うのです。日本人の口にも合い、ご飯が止まらない逸品です。

次にルンピアです。日本風の春巻きのような料理となっており、屋台でも多く観かける事が出来ます。スティック状になっている為、手軽に食べる事が出来ます。じっくりと揚げられている為、外側はパリッ、中からは野菜や肉の旨味がたっぷり詰まっているので食べ応えもある料理です。

次にパンシットカントンです。日本風の焼きそばとなっているポピュラーな料理です。醤油やナンプラーで味付けされており、たっぷりの野菜やお肉が入っています。
地域によって中華麺やビーフンが使用されているので、自分好みにあったパンシットカントンを見つけるのも楽しいかもしれませんね。屋台で食べたい逸品となっています。